「寿山福梅」|専門店だから高額買取。即中斎の作品(骨董・茶道具)は高価査定を実施しておりますのでお気軽に御相談ください。

「寿山福梅」

即中斎

寿山福梅|作品番号:12

・製作年:不明
・技法:書

即中斎 作品の売却をご検討のお客様へ

即中斎の書は市場価値が高い為に、当社では他社に比べてもより高い査定額のご提示・高額買取に努めさせて頂いております。即中斎「寿山福梅」をお持ちで、現在、売却をご検討のお客様はアート買取協会まで御相談ください。他の買取会社よりも高い買取を頑張らせて頂きます。   

即中斎の作品価値と買取相場

「寿山福梅」の作者として有名な即中斎は、千利休を祖とする茶道の流派「表千家」の13 世家元です。表千家12 世惺斎(さいせい)の次男として⽣まれます。1936 年に兄・不⾔斎が急逝、さらに翌年に⽗・惺斎が死去したため、1937 年に若くして家元を継ぎました。
戦時体制下、戦後の混乱期にありながら、茶道の普及に努めるべく、千家同⾨会を発⾜するなど意欲的に活動しています。茶杓、または掛け軸などの形で残されている書は⼈気が⾼く、⾼額買取の対象となっています。

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メールでも簡易査定を実施しております。

選べる3つの買取査定方法